上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風呂はいいねえ

風呂は心を潤してくれる。

リリンが生み出した文化の極みだよ。

そう思わないかい?

碇シンジ君」

おふろ


風呂はいい!

湯船は素晴らしい!

身も心も癒してくれる最高の場だ!

自宅のお風呂、銭湯、温泉、湯治湯。

一番すきなのは銭湯かなぁ。

その理由を今から述べてしまう!


まず自宅のお風呂(シャワーのみは不可!)

なんというんだろう。

体はキレイにしてくれるんだけど心は癒されないなぜだろう。

やっぱ狭いからかな。

あの入る前のお湯が貯まって行く時のワクワク感は好きだけどね。

どうもこう1日の作業感というか習慣が癒しの邪魔をしちゃうね。

少しでも癒しを添えるように毎回 バスロマン してるけどね!

おすすめはこのbihadaって書いてるやつ。ヌメヌメ感がなんかいいよ香りもいいよ。

固形タイプの入浴剤も溶けるまで遊べて面白いんだけど溶けたあとの喪失感が半端ないからいや。




おすすめ銭湯

まずやっぱり大浴場!

あとなんかわいわいわきわきしてるとこ。にぎやかーってとこ。

身も心もキレイになる感じがいいかなー。

小さい頃から富士山タイルある古風なとこ行ってたからそういうとこがすき。

最近はチェーン店ばっかだけど銭湯には変わりなし面白い。

大浴場につかりながらあの人ハゲてるけど筋肉凄いなとか思いながらのぼせる!

そして風呂上りにのむポカリがおいしい。最近130円高いでもおいしい。

牛乳やコーヒー牛乳が定番だけど高確率でぽんぽんいたたたたたたになるからポカリ!

やっぱ賑やかなところがいいのです。

しゅあば!


温泉

温泉なー。

温泉は何というか常に湯に入ってたいそんな気分。

つかりながら俗世間と離れるあの感じがいい。

でも体洗うときに現実に返るあの瞬間がちょっと悲しい。

できれば洗わずにずっと入ってたい洗うけどさ!

あと温泉となると泊まりたいねー日帰りだとどどすこいっと疲れちゃう。

温泉宿に着いて湯につかってちょっと出て遊んでまた湯に浸かってまたでてを寝るまで繰り返したい。

だから温泉はなんというか心を癒す場所であってほしい!

むかしなー付き合って1年目記念に温泉旅行いったらボクずっとお風呂入ってたからなーなつかしいなー。

満足してそっこー寝てたからなーすっごいおこられたなーちくしょー。

なーれた


湯治湯

まぁ全国いろいろな湯治の湯あると思うんだ!

ボクが知ってるのは青森で有名どころ酸ヶ湯!

すかゆって読むよ。

基本湯治のための湯だから体洗う場所もそんなないただ浸かるだけ。

じーさんばーさんばっかしだけどいちおー混浴。

酸ヶ湯

雰囲気がすき。

でも硫黄臭い。

タマゴの腐ったにおい?あんな感じ。

でも帰る頃には慣れてる不思議。納豆に似た何かを感じる不思議!

山の中だから冬に行けば雪景色もよくて凄いんだ。

でも山の中だから冬行きたくないんだ!

今年こそは夏に行ってやる!

行きに1時間半から2時間しかも泊まらない。

行きたいけど行きたくない!

でも行きたいそんなジレンマ。

有名どころだよ詳しくはグーグル先生な!

ばこばこなわなわ


ながながながと語ったけども

以上の理由でやっぱ身も心もキレイになる銭湯が好きだなー。

気楽に行けるってのが一番だよね。

小さいときに比べてちょっとづつ値上がりしてるのが気になるけどさ。

銭湯行くのだけはおじいちゃんになっても頭スポンジになっても続けてる気がするんだ。

やっぱさ子供の頃に手を繋いで貰って銭湯に連れて行ってもらったのが今になっても効いてるんだね。

あれすっごい楽しみだった記憶がある。

なんかほろりと感じちゃう。

ほろほろり。

こーいうのにしあわせーを感じるうちはまだまだボク幸せ者だなーと思っちゃうな。

そろ撃破!

ROね。

バコバコンをソロで倒せたよ。



それだけ!









スポンサーサイト
コメント

スキーとかボード旅行で入る、あの温泉の素晴らしさったら無いね。
特に露天。

どこまでも限りなく降り積もる雪を下から眺めながら、疲れた体を癒しつつ、非日常に思いを馳せる…

ビバ温泉

2014/04/30(水) 14:52:55 | URL | aihara #- [ 編集 ]

aiharaさん

ボードで疲れきった体に染み渡る温泉。
明日以降痛くなるであろう体を入念に癒す癒す。
湯上りのコーラ。
そして心身ともに安らかに熟睡。

筋肉痛。


ビバ温泉ビバスノーボード
2014/05/01(木) 20:09:41 | URL | JIRO #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jirolamo.blog.fc2.com/tb.php/24-da0c05eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。